ロゴ
シングルライトからツインライトに交換
配線をやり直さなくても交換する方法をご紹介致します。

ライトユニット32(シングルライト)をご愛用頂きライトユニット62(ツインライト)に交換したいというお客様は、せっかくきれいに配線して頂いた配線をやり直すのはめんどうなものです。あらかじめ配線して頂いたものを利用し、ライトユニット62に交換することが可能です。
※この方法では発光ユニットが1個余る事となります。
別の場所でご利用するなど、ご活用ください。

 
ライトユニット32   ライトユニット62
ライトユニット32 ライトユニット62
 
ライトユニット32を62に交換する
シェードを外す
1.
取り付いているライトユニット32のシェードをはずします。
次のライトユニットに接続している場合はコネクターをはずします。
白色のプラスチック部分を持つ
2.
コネクターは必ず左の写真のように白色のプラスチック部分を持って少しずつはずしてください。
コードを持って無理に引っぱるとコネクターからコードが抜けてしまいます。
発光ユニットを取り付けベースから外す
3.
発光ユニットの右脇の隙間にツメを差し込み手前にゆっくりと引いて発光ユニットを取り付けベースからはずします。
取り付けベース左のスリット
4.
コードは取り付けベース左のスリットを通せばはずせます。
5.
左の写真のような状態にします。
取り付けベ-スをはがす
6.
ライトユニット32の取り付けベ-スをはがします。
取り付けベースから外す
7.
これから取り付けようとしているライトユニット62の前側の発光ユニットを3.4.の要領で同じように取り付けベースからはずします。
コネクターを外す
8.
前側の発光ユニットのコネクターをはずします。
2.の手順で少しずつはずしてください。
取り付けベースから外す
9.
奥側の発光ユニットも取り付けベースからはずし、 取り付けベースのみの状態にします。
取り付けベースの奥側に組み込む
10.
お車に取り付いている発光ユニットをライトユニット62の取り付けベースの奥側に組み込みます。
組み込み方法は3.4.と逆の作業手順です。
発光ユニットを再び組み込む
11.
前側には先ほど7.で外した発光ユニットを再び組み込みます。
入力コネクターを接続
12.
奥側の発光ユニットの出力コネクターと前側の入力コネクターを接続します。
コネクターは双方の凸部分とスリット部分が合う方向が正しい接続の方向です。
コードを処理
13.
取り付けベースのコ-ド止めを利用して左の写真のようにコードを処理します。
コードをうまくおさめないとシェードがはまりづらくなりますのでご注意ください。
シェードを取り付け
14.
完成したライトユニット62にシェードを取り付け、ピラーにあてがい 、取り付け位置を再検討します。この時ライトユニットを点灯して行なうと光の雰囲気がつかめ、また、点灯の確認も同時に行なえます。
ライトユニットを貼り付け
15.
中性洗剤等で貼り付け場所の汚れ、保護ツヤ出し剤をよく拭き取ってください。
決定した位置に粘着テープの保護紙をはがしライトユニットを貼り付けます。
出力コネクターに接続
16.
最初に接続していた次のライトユニットの入力コネクターを今回取り付けたライトユニット62の出力コネクターに接続します。
シェードを取り付け 17.
シェードを取り付けて完成です。
ライトユニット32
余った部品を組み込むとライトユニット32になります。
セカンドカーの天井等にお使いください。
 
※取り付け、配線は参考例です。全ての車種にあてはまる物ではありません。
※取り付け前に必ず製品の動作確認、点灯確認を行ってください。また、作業中にも度々点灯確認を行ってください。
※取り付け前に必ず各商品の取扱説明書をお読みの上、取り付けを行ってください。
 
ホーム分類別でさがす 商品名でさがす 品番でさがす ホーム 分類別でさがす 商品名でさがす 品番でさがす ホーム 分類別でさがす 商品名でさがす 品番でさがす インデックス